McClelland They’re Back: Brindle Flake (マクレーランド ブリンドルフレーク)

素朴な中に上質さが光る。

McClelland They’re Back: Brindle Flake (マクレーランド ブリンドルフレーク)
McClelland They’re Back: Brindle Flake (マクレーランド ブリンドルフレーク)
フル・キュアリングすることにより、ヴァージニア煙草の自然な甘さを保ちました。香りのデリケートさ、自然な甘さと強い風味のある、部分的にほぐした形状のフレークです。
「ブリンドルフレーク」のオリジナルレシピをここに再現することができたのは私たちの喜びです。
(パッケージの説明文をさぼ亭主人が翻訳)

US$9.89/50g也。(税・送料別)

ヴァージニアオンリー、ブロークンフレークな“They’re Back”シリーズ(アシュトンリバイバル)のブレンド。当ブログですでに紹介している“They’re Back”シリーズでヴァージニアオンリーというと「McClelland They’re Back: Oldchurch (マクレーランド オールドチャーチ)」がありました。さて…味の違いは如何に!?

着火するとヴァージニアの香ばしさが口の中に一気に広がります。パッケージの説明文にある通りフル・キュアリングということで、ヴァージニアでも爽やかさ、草っぽさは弱く、甘さと香ばしさをフィーチャーしているようです。オールドチャーチに比べて香料も少ないかと。

中盤以降も味の変化は少ないのですが、プラムかな?が軽く立ち上がってきて、なかなか繊細な味わいに。香料は弱めのため、本当にプラムかは自信がありませんが、少なくとも爽やかな柑橘系ではないです。前述の通り爽やかというよりは香ばしい味わいなので、あくまでも主役のヴァージニアを引き立てるための香料のチョイスですね。そういう意味では、マクレーランドらしく、味の組み立ての基本戦略は分かりやすい。

最初の印象は「素朴、外連味の無さ(だけどあんまり面白みは無い)」でした。数ボウルじっくり味わってみると最初の印象に加えて「上質、繊細さ」を感じることができて、シンプルな葉組でも色々演出できるのだなぁ…と懐の深さに感心しました。

…というワケで、俯瞰すると味の変化が少ないにもかかわらず、味の組み立ての戦略にガッツリ身を投じてみるとかなり楽しめるブレンドです。なお、軽くほぐしてエアフローの良いパイプに詰め、煙の量をやや多めにすると、繊細さがわかりやすく、さらにおいしく味わえるかと。個人的な印象では、夕食後などの満を侍しての一服よりは、朝の一服向きですね…ニコチンも軽めだし。

「ヴァージニアオンリーのフレーク」というブレンドは数多くありますが、同様のブレンドをある程度知っているパイプスモーカーにオススメかな。ほぐしてからパイプに詰めれば喫煙自体はイージーなため、初心者でもおいしく味わえると思います。ただ、場数を踏んだ後の方が「上質、繊細さ」を感じることができて、より楽しめるでしょう。

4 thoughts on “McClelland They’re Back: Brindle Flake (マクレーランド ブリンドルフレーク)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。