McClelland Personal Reserve: Bombay Court (マクレーランド ボンベイコート)

繊細にして大胆。斬新にして堅実。平たく言うと「うまっ!」

McClelland Bombay Court (マクレーランド ボンベイコート)
McClelland Bombay Court (マクレーランド ボンベイコート)
スパイシーな、最高のトルコ葉を幅広にカットし、スモーキーなラタキアを加えました。さらに、熟成されたヴァージニアを混ぜ、自然な甘さと豊かな香りとフレーバーを追加しました。
(パッケージの説明文をさぼ亭主人が翻訳)

US$15.29/100g也。(税・送料別)

ヴァージニアベースにオリエンタルとラタキアが巧い具合に絡み合っている、どちらかと言えば繊細系の味。オリエンタルが一番前面にきて、周りをラタキアがクリーミーにコーティングしているのですが、ベースのヴァージニアが主張しすぎない程度に常に良い仕事をする事により、このブレンドならではの旨さを実現しています。

最近繊細系のブレンドがご無沙汰だったせいもあるのですが、かなり旨いですコレ。「マネージメント」という言葉が頭に浮かんでしまうほど、オリエンタル、ラタキア、ヴァージニアそれぞれへの仕事の振り方?が絶妙ですね。自分流に勝手に名付けるとすると”Managed Mixture”ですかね…あんまり旨そうな名前じゃないけど。

序盤はオリエンタルのスパイシーさに注意が向きます。中盤以降もスパイシーさは残り、甘さとスモーキーさがアップしてきますが、味の方向性は一貫していて、そこまで大きくは変わりません。でも、このブレンドに関しては「最後までこの調子で!」と思ってしまう味なので全然OK!

いわゆるバルカンブレンドよりはスパイシーさをおさえて、甘さを増しているので「バルカンは嫌いじゃないけど、ちょっと行き過ぎ感があるかな」という方に特にお薦めですね。

繊細なだけに、体調とパイプによって味が結構変わるので、気軽に喫うというよりは、「今日はボンベイコート満喫するぜ!」と、ちょっとした心構えがいるブレンドではあります。手持ちのパイプだと、「Michael Lindner」「Brad Pohlmann」を投入したくなります。こういうブレンドの旨さをキッチリ味わえるならば、高くても旨いパイプを持つ意味があるなぁと再認識しました。

なお、マクレーランドには「McClelland Personal Reserve: Bombay Extra (マクレーランド ボンベイ エクストラ)」というブレンドもあり、こちらは Bombay Court をベースに、さらにペリクも加えられているそうです。いろんなレビューを見ると Bombay Court の方が好評なようですが、近いうちに Bombay Extra も試してみたいと思います。マクレーランドって、シリーズの最初は良いのに、やり過ぎてしまい新作はちょっと落ちるというのが多いようですが、これもそのパターンなのかな?


2 thoughts on “McClelland Personal Reserve: Bombay Court (マクレーランド ボンベイコート)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。