McClelland Personal Reserve: British Woods (マクレーランド ブリティッシュウッズ)

俺が主役だ! by ラタキアさん。

McClelland Black Label: British Woods (マクレーランド ブリティッシュウッズ)
McClelland Black Label: British Woods (マクレーランド ブリティッシュウッズ)
スロースモーキングとクールバーニングを実現する抜群のオリエンタルミクスチャ。
マケドニア葉のスパイスを効かせた重厚なラタキアの芳香を、熟成したヴァージニアで軽く、柔らかくした、洗練されてスムースなブレンドです。
(パッケージの説明文をさぼ亭主人が翻訳)

US$ 15.29/100g也。(税・送料別)

マクレーランドの Personal Reserve シリーズは、マクレーランドのサイトのシリーズ紹介によると、社外のパイプ煙草に通じた人(マクレーランドにプライベートでブレンドを依頼している人という意味かもしれません)の声にインスパイアされたブレンドのようで、この原稿執筆時点では、ヴァージニア系とオリエンタル系の各3種で合計6種リリースされています。今回紹介するブリティッシュウッズはオリエンタル系で、残り2種は「McClelland Personal Reserve: Bombay Court (マクレーランド ボンベイコート)」「McClelland Personal Reserve: Bombay Extra (マクレーランド ボンベイ エクストラ)」になります。

いわゆる正露丸臭は弱く、ラタキア少なめなのかと思って着火すると序盤からラタキアムンムンで「さぞかしラタキアが好きな人がブレンドしたのだろう」とパッションを感じます。「このラタキア感は前もあったな…?」と記憶を辿ったところ「Samuel Gawith Commonwealth Mixture (サミュエル・ガーウィズ コモンウェルズ)」に行き当たりました。さすがにコモンウェルズよりは弱いですけど、それでもラタキアの比率は結構高いんじゃないでしょうか。オリエンタルは完全にサポート役で、スパイシーですが甘さはあまり感じられません。ヴァージニアは、パッケージの説明文にある通り味を薄める役目のようで、こちらもあまり感じられませんでした。

中盤以降も味の変化は少なく、ラタキアが主役、オリエンタルがサポート役、ヴァージニアは薄め役といった配役を貫いています。味に慣れてくるとヴァージニアもそれなりに感じますがやはり印象は弱め。ただ、薄め役であるヴァージニアが無かったとしたら、ひたすらドヨーンとした鈍いブレンドになってしまうでしょうね。そういう意味ではヴァージニアも貴重な役割を担っていると言えるでしょう。

とにかく全体的に「丸い」味です。良く言えばバランスがとれている、悪く言えばエッジが立っていない。個人的には、もっとオリエンタルが効いていた方が旨いと思いますが、そういう人には同じ Black Label (Personal Reserve)シリーズに私もお気に入りのボンベイコートが用意されているので、ラインナップとしてはこれで正しいんでしょうね。ラタキアジャンキーを自認しているパイプスモーカーならば試すべきブレンドかも?

当分リピートは無いかな…と思ったのですが、なぜかこのブレンド、寒い時に喫うと妙に和らぐと言うかホンワカするんですよねぇ。というワケでこの冬、もう一缶買ってしまいそうな気もしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。