Mac Baren HH Vintage Syrian(マックバレン HH ヴィンテージシリアン)

ラタキアが半分入ってSmoky!!!

Mac Baren HH Vintage Syrian(マックバレン HH ヴィンテージシリアン)
Mac Baren HH Vintage Syrian(マックバレン HH ヴィンテージシリアン)
ブレンドの半分弱はシリア産ラタキアで、全般的にいえば「Smoky」なテイストを与えてくれます。
ブレンドにスパイシーさを与えるために、トルコ産オリエンタルを加えました。
3つの大陸から集められた3種類のヴァージニアが、自然な甘さを加えてくれます。
深さとボディを加えて、味を完成させるために、USA産の Dark Fired Kentucky も加えました。
(パッケージの説明文をさぼ亭主人が翻訳)

US$11.99/100g也。(税・送料別)

う〜ん、どうなんだこれ?

このブログでもラタキアメインのブレンドをいくつか紹介していますが、これはどれとも似ていないというか、かなり個性の強い方かと。ラタキアが多いのは売り文句の通り、実際に感じます。

他の葉に目を向けてみると、オリエンタルもそれなりに入っているようですが、以前紹介した「G. L. Pease Kensington(G.L.ピース ケンシントン)」のような、オリエンタル多めのラタキアブレンドとは結構違います。このブレンドには、旨味と技巧派っぽさというか、上品さというか、「味わい満足感」「俺様ってばグルメなんだわさ感」とか、そういうのは無いです。

かなり印象が強いのがケンタッキーで、Smoky感を引き立てているような気がします。「たくさんのラタキアをケンタッキーロケットでブーストしてドビュ〜ンとお届けします!」という感じで、「パンチの効いたラタキア感」みたいなのは表現されていると思うのですが、どうも私はケンタッキーがドドーン!ってのは苦手なのか、ちょっと厳しいですね。体調が少しでも悪いときに喫うと胸焼けするというか…。

ヴァージニアの甘みもよくわかるのですが、ケンタッキーロケットで散らされているような印象で「甘口」って感じはしないです。

このブログでも、「ラタキア特盛り」がウリのブレンドは「Brebbia Balkan Blend(ブレビア バルカンブレンド)」「DAN Tobacco BILL BAILEY’S BALKAN BLEND(ダンタバコ バルカンブレンド)」と既に2種類紹介しています。ブレビアは文句なしに旨かったです。ダンタバコも、マメにやりたくはないけど、まぁ有りかなと思いました。ただ、これはなんとも微妙と言わざるを得ません。「バルカンブレンド」のような既存の枠組み(まぁ「バルカンブレンド」も定義は曖昧かもしれませんが)を突き抜けてラタキアで押してくるブレンドは、しばらく自重します…。


3 thoughts on “Mac Baren HH Vintage Syrian(マックバレン HH ヴィンテージシリアン)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。