Trever Talbert Stubby Billiard #1212T

トレバー・タルバート氏のStubby(ずんぐりした)なビリアード。

Trever Talbert Stubby Billiard #1212T -Picture 1
Trever Talbert Stubby Billiard #1212T -Picture 1
Trever Talbert Stubby Billiard #1212T -Picture 2
Trever Talbert Stubby Billiard #1212T -Picture 2
Trever Talbert Stubby Billiard #1212T -Picture 3
Trever Talbert Stubby Billiard #1212T -Picture 3
Trever Talbert Stubby Billiard #1212T -Picture 4
Trever Talbert Stubby Billiard #1212T -Picture 4
Trever Talbert Stubby Billiard #1212T -Picture 5
Trever Talbert Stubby Billiard #1212T -Picture 5
Trever Talbert Stubby Billiard #1212T -Picture 6
Trever Talbert Stubby Billiard #1212T -Picture 6
Trever Talbert Stubby Billiard #1212T -Picture 7
Trever Talbert Stubby Billiard #1212T -Picture 7
Trever Talbert Stubby Billiard #1212T -Picture 8 (Nomenclature)
Trever Talbert Stubby Billiard #1212T -Picture 8 (Nomenclature)

「Talbert Pipes」をチェックしたらたまたま売れ残っていたのを発見し、デザインとブラストに魅かれて即気絶…後悔はしていない。

Talbert のグニャグニャした感じのデザインは正直あまり好きではないのですが、このパイプのような、オーソドックスな面影を残しつつも氏ならではのアレンジを加えたデザインは好きですね。

Talbert のように(多分)自分のサイトでしかパイプを販売していない作家は「他のサイトでもっとカッコいいのが出てるかも」と他のサイトを巡回する必要がないので気絶する確率が高いような気がします。他を巡回している間に「そういえば今月金使い過ぎだな…」とか冷静になっちゃう事も結構ありますからね(笑)。ちょうどこの原稿を書いている日にも新作がいくつが売り出されていたのですが、氏が Twitter で告知する前に全部売れちゃったそうです…。

閑話休題。このパイプは、一応ストレートですがマウスピースの部分が微妙に下向きにカーブしていて、くわえるとややぶら下がる形になり、かなり心地よくくわえられます。あと、リムの部分が凹ではなく凸状になっていて、ポテッとした可愛らしさが引き立っていますね。ステインは”Autumn Gold”(秋の金色)ということで、黄色/金色の下地の上に紅葉の赤を染めて、明るい色になるように拭き取ったとの事。

ドローもかなりスムースで、どんな煙草でも快適においしく喫えます。自分が持っているパイプの中でトップクラスに快適というワケではありませんが、十分合格点です。ちなみに、トップクラスに快適なのは「Michael Lindner FAT NIGHTSHADE C2」と、「DESIGN GRADE SANDBLAST NIGHTSHADE」(NIGHTSHADEあまりに良いのでもう一本買っちゃいました)ですね。自分の中の評価では、Lindner はちょっと別格かなと思っていますが、価格帯もTalbert より上なので。

定評ある作家だけあって、作りも丁寧で文句ありません。出荷時に同封されていた手紙に、日本語で「どうもありがとう」と書いてあったりして、Talbert 氏の人柄を垣間見る事ができました。シェイプが比較的オーソドックスなので、私が持っている作家モノの中でも地味な位置づけなのですが、ついつい手が伸びてしまう一本ではあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。