Mac Baren HONEY & CHOCOLATE(マックバレン ハニー&チョコレート)

「Red Velvet」以来のMac Barenの着香ブレンド。Red Velvetは少々微妙でしたが、HONEY & CHOCOLATEはいかに!?

Mac Baren HONEY & CHOCOLATE
Mac Baren HONEY & CHOCOLATE
A fine loose cut blend made of a very special kind of cavendish. The long and delicate cavendish process makes this blend soft and smooth with a taste of honey and chocolate.

$8.99/100g也。

開封するとチョコレートの香りがします。葉っぱは真っ黒で湿り気は普通。着香モノにありがちなウェッティさとは違います。

この香りと、ハニー&チョコレートというネーミングからして激しく甘いのかと思いきや…意外と甘くない! むしろビター!! 日本で売っているメジャーな板チョコでもビターを売りにしている製品(具体的な製品名は覚えていませんが、たしか森永のビターチョコレートだったと思います)って、普通のチョコレートの感覚で食べるとビックリするほど甘くないんですけど…それと同じような印象です。

着香モノは香りが飛んじゃうと単なるつまんないタバコになってしまうので、100g缶入りのこの製品は「自分の喫煙ペースからするとしばらくこれメインのパイプ生活になるが、本当に大丈夫か?」「でも買った以上開けるでしょ?」と自問自答しながら開けました。しかし、ベタ甘じゃないので意外と飽きず、この心配は杞憂でした。なお、着香に限らず100g缶を開けるときは、1/3〜半分を普段使い用の密閉用気に入れ、残り2/3〜半分は保管用の密閉容器に入れて暗い所に保管し、こちらは取り分けた分を吸い終わるまで開けないようにしています。それでも着香の100gはちょっと勇気が要りますが…。

「ハニー&チョコレートのハニーは?」というと、ビターになりすぎないためのアシスト役として味のベースを支えている感じです。「単なる甘いチョコレート味」にせずに、チョコレートはビターにして、ベースの甘みにハニーを持ってきたのはブレンドの妙と言えるでしょう。

余談ですが、海外のタバコレビューサイトを見ていたら「MacBaren aka “MacBlowtorch”」(「マックトーチランプ(携帯用バーナー)」として知られるマックバレン)と書いている人がいて笑ってしまいました。「Virginia no.1」のレビューで自分も書きましたが、マックバレンのタバコって過燃焼しやすいんですかね(笑)。でも「ハニー&チョコレート」は火付きは良く、特に過燃焼しやすい事もなく、最後まで簡単、快適に吸えましたよ。マックバレンはまだいくつかストックがあるので、バーナー振りも含めて追々レビューしています。

というワケで「Mac Baren HONEY & CHOCOLATE(マックバレン ハニー&チョコレート)」、オススメです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。