DUNHILL SHELL 6 LBS (1962)

DUNHILL SHELL 6 LBS (1962) -Picture 1
DUNHILL SHELL 6 LBS (1962) -Picture 1
DUNHILL SHELL 6 LBS (1962) -Picture 2
DUNHILL SHELL 6 LBS (1962) -Picture 2
DUNHILL SHELL 6 LBS (1962) -Picture 3
DUNHILL SHELL 6 LBS (1962) -Picture 3
DUNHILL SHELL 6 LBS (1962) -Picture 4
DUNHILL SHELL 6 LBS (1962) -Picture 4
DUNHILL SHELL 6 LBS (1962) -Picture 5
DUNHILL SHELL 6 LBS (1962) -Picture 5
DUNHILL SHELL 6 LBS (1962) -Picture 6
DUNHILL SHELL 6 LBS (1962) -Picture 6
DUNHILL SHELL 6 LBS (1962) -Picture 7
DUNHILL SHELL 6 LBS (1962) -Picture 7
DUNHILL SHELL 6 LBS (1962) -Picture 8 (Nomenclature)
DUNHILL SHELL 6 LBS (1962) -Picture 8 (Nomenclature)

Robert Downey, Jr.(ロバート・ダウニー・Jr.)が演じるシャーロック・ホームズの映画が好きなので、映画の中でホームズがよく使っているサンドブラストのビリアードは持っておかねば!とeBayにて購入。まぁホームズのはもっと小振りに見えたし、そもそも19世紀後半のホームズの時代はまだDunhillパイプは無いですが、 自分の背中を押すためのExcuseでもあるので、気にしない! …と思ったらコチラで紹介されていて、あのホームズのは「Straight Billiard with a Saddle Bit, by Dunhill」とのことなので、ほぼ正解だったのかぁ! ちなみに、シャーロック・ホームズといえばキャラバッシュパイプがトレードマークになっていますが、この映画のホームズはキャラバッシュは使ってないです。ただ、シーンシーンで違うパイプを持って登場するので、パイプ好きは結構楽しめます。

閑話休題。

このパイプのLetter shape “LBS”はノーマルシャンクのストレートビリアード。人気の”LB”は”Large Billiard”で、”LBS”は”Large Billiard Slender”などと言われておりますが、LBと並べるとかなり細身に見えます。よくあるイメージだとキングとクイーンって感じ。同時期のLBも持っているので、機会があれば並べた写真を紹介します。

eBayで購入した際の商品説明によると、”6 LBS”の”6″はサドルステムのものに付いているそうです。

Patent No.無し。”MADE IN ENGLAND”の後の数字が”2″なので、1962年に製作されたようです。ダンヒルの黄金期といわれるPatent era(~1954年まで)は過ぎている時代のものですが、1969年生まれの自分としては、’60年代の息吹を感じられるものに何とも言えない愛着を感じるのでなかなか気に入っています。ただ、Patent eraの漢気あふれる豪快なサンドブラストもいつかは手に入れたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。