Cornell & Diehl: SAM’S BLEND (コーネル&ディール サムズブレンド)

ペリクとブラックキャベンディッシュでラタキアをいい感じにサンドイッチした佳作。

Cornell & Diehl: SAM'S BLEND (コーネル&ディール サムズブレンド)
Cornell & Diehl: SAM’S BLEND (コーネル&ディール サムズブレンド)
キプロス産ラタキア、ペリク、甘味料を含んでいないブラックキャベンディッシュの滑らかなブレンド。喫煙を一日中楽しめます。

US$9.85/2OZ 也。(税・送料含まず)

ラタキア、ペリク、ブラックキャベンディッシュという珍しい葉組のブレンド。当ブログで過去にレビューしたブレンドにも見当たらない組み合わせですね。

着火するとまずはラタキアがモワッとくるものの、ブラキャベとペリクで抑制されていることがすぐにわかる面白い味わい。ペリクがラタキアの足元を、ブラキャベが頭を押さえつけてラタキアの悪目立ちを抑えているイメージ…で、一口目の感想はズバリ「ハイ!これは当たり!!」ですね。

パッケージの説明文によるとブラキャベは甘味料を含んでいないとのことで、過度ではないしっかりとした甘みを持ちつつ、全体的にはビターな味わいを演出していて非常に旨い。「この甘みとビターさからくる旨さは前にも何かあったような…」ということで記憶を掘り起こしてみると、マクレーランドの廃業で今となっては入手不可能な「McClelland PCCA Jubilee (マクレーランド ジュビリー)」でした! こちらはジュビリーよりは若干甘みが強いかな。

中盤以降はペリクが若干ながら強まり味わいが重くなってきて、ほんの少しダル(dull)な感じが出てきます…とはいえ味わいを損ねるようなものではないし比較的複雑な味なので飽きることなく最後まで楽しめます。ただ、これは全くの思い込みかもしれませんが、この味の系統でマクレーだったら後半の味わいを重くせずに軽くするでしょうね。

しかし旨いですよコレ。ペリクとブラキャベでラタキアをサンドイッチにする味わいの構造が素晴らしい! 今普通に手に入るブレンドでいい感じのビターさを求めるならば最右翼じゃないでしょうか。旨くて軽いため、油断するとパカパカ続けて喫っちゃいます。

なお、このブレンドの評価は「今でも簡単に手に入るブレンド」に限定すれば★5つあげたいところですが、過去に紹介したブレンドと基準を合わせて★4つとしてあります(前述のジュビリーも★4つ)。マクレーランドの廃業前後で評価の★がひとつ変わってくるのは、往年のマクレーをご存知の方ならば「まぁそれはしゃあない」と分かっていただけますよね(笑)。でも、このブレンドも十分旨いですよ! 個人的にはリピート確定のお薦めです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。