シーシャ(水タバコ)カフェ

自分の喫煙メインはパイプなんですけど、平日のランチ後などに1日1〜2本の紙巻きと、会社帰りや休日の週に1〜2回シーシャ(水タバコ)をやります。

シーシャの煙は非常にマイルドなので、パイプはもちろん、紙巻きでも肺喫煙しない自分もシーシャの煙だけは肺まで入れます。器具はそれなりのパイプよりは安いようですが、場所とるのとセッティングとか大変そうなので持ってないです。なのでシーシャを吸わせてくれるカフェに行きます。

よく行くのが、自宅から比較的近い「Sheesha Cafe 伊勢佐木町」。(【後日追記】残念ながら、閉店になってしまいました。)

Sheesha Cafe 伊勢佐木町
Sheesha Cafe 伊勢佐木町の店内

テーブルとかもイスラムっぽくていい感じなのですが、半オープンカフェみたいに外から中が丸見えなので、伊勢佐木モールを歩いていると突然異質な空間が口を開けているといった風情です。シーシャを知らない人が見たら、薄暗い店内でシーシャをプカプカやっているのは、あからさまに怪しいハズ。外人のお客さんとかは、外のテーブルで平気でプカプカしてますけどね。

実際に行ってみると、店員さんはフレンドリーだし、初心者にも安心デスヨ!

シーシャが1,000円でワンドリンク500円なので、最低で合計1,500円也(シーシャを追加したり、お酒を頼むともっと上がります)。ただ、それで1時間くらいは吸えるので、自分は常に1,500円で済んでます。

オーダーが入ると店員さんが炭をバーナーであぶって着火したり、ペーストを混ぜ混ぜしたり、セッティングにそれなりに手間がかかるので、シーシャ1,000円は、まぁそんなもんかと。

味はタバコというより、フレーバーオンリーという感じ。雰囲気の怪しさを気にしない方にはぜひ体験してほしいですね。話のタネにもなるし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。