J. F. Germain & Son Special Latakia Flake (ジャーマイン スペシャル ラタキア フレーク)

Smokey !!! …だけどちょっと気を使っちゃう!?

J. F. Germain & Son Special Latakia Flake (ジャーマイン スペシャル ラタキア フレーク)
J. F. Germain & Son Special Latakia Flake (ジャーマイン スペシャル ラタキア フレーク)
(パッケージの説明文無し)

US$9.25/50g也。(税・送料別)

開封するとラタキアの香りが漂い、フレークは水分多めで“Samuel Gawith”っぽい感じです。水分が多いので火点きはあまり良くありません。少し乾かしてからパイプに詰めた方が良いかも。

着火すると、いきなりスモーキーなラタキアがムンムンです。ラタキア、オリエンタル、ヴァージニアという葉組ですが、名前の通りラタキアを満喫するためのブレンドだという事がすぐに分かりますね。

序盤からとにかく「ラタキア! ラタキア!! ラタキア!!!」状態で、冷静になって味わうと、味の芯に若干ヴァージニアが含まれており、オリエンタルはほんのアクセントといった程度。しかし、このアクセントが実は大切なんですね。

ラタキア押しと言えば、ラタキア配合率 50% を誇る「Samuel Gawith Commonwealth Mixture (サミュエル・ガーウィズ コモンウェルズ)」との違いが気になりますよね?…ハイ、ここでアクセントだったオリエンタルが効いてくるワケです! コモンウェルズを紹介した時に「トロッとした感じ」と表現しましたが、ラタキアフレークはエッジが立っていてメリハリがあります。おそらく、多くのパイプスモーカーにはラタキアフレークの方がお口に合うのではないでしょうか。私もこっちの方が好きですね。

中盤以降になると、序盤よりはやや強くオリエンタルが立ち上がってきますが、基本的にラタキア押しである事は変わり無し。でも、コモンウェルズよりメリハリがあるので飽きる事も無く最後まで楽しめました。

「J. F. Germain & Son Brown Flake (ジャーマイン ブラウンフレーク)」は「アーシー」でしたが、こちらは「スモーキー」。どちらも旨いですが、味を細々と語るより、一言で表現してしまった方が伝わりやすいような気がします。「旨いだろ? 旨けりゃ細けぇこたぁいいんだよ!!」なブランドなんでしょうか(笑)。

なお、このブレンドは“J. F. Germain & Son”だけあって、なかなかに入手困難です。また、前述の通り水分が多いので 50g 缶を買っても実際に喫える回数が少ない…。売っているのを見かけたら即買い決定ですけど、手に入れたら入れたで妙に気を使って、喫う時に変に気構えちゃいそう(笑)。煙草って味が大切なのは当然ですが、「いつでも入手できるので気軽に味わえる」という庶民性・安心感も大切だなと思ってしまいなした。「細けぇこたぁいいんだよ!!」スピリットでガンガン喫いたいのに…。

余談になりますが、缶をしげしげと見ていたらしれっと“www.jfgermain.co.je”と URL の記載がっ! なんとウェブサイトがあるんですね! ジャーマインってインターネットとか、いわゆる「IT 系」から縁遠そうなブランドのイメージなので意外でした。正直「う〜ん…」って感じのサイトですけど、そこがまたジャーマインらしい!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。