Mac Baren HH Latakia Flake (マックバレン HH ラタキアフレーク)

程好いラタキアに程好いオリエンタルのサポートが旨い。

Mac Baren HH Latakia Flake (マックバレン HH ラタキアフレーク)
Mac Baren HH Latakia Flake (マックバレン HH ラタキアフレーク)
前面にラタキアのスモーキーな味わい、背景にヴァージニアの控えめな甘さを配置しました。そして、オリエンタルの芳醇なスパイシーさが徐々に立ち上がってきます。
それぞれの葉が役割を果たして密接な関係を築き、類の無い味わいを演出します。スモーキーな香りを豊かに含んだ、芳醇で素晴らしい煙草です。
(パッケージの説明文をさぼ亭主人が翻訳)

US$13.43/100g也。(税・送料別)

Mac Baren HH シリーズの新作…といっても発売になったの結構前ですが。遅ればせながらチャレンジしてみました。

開封時すると結構キツめのラタキアの香りがします。ラタキア配合比率 50% を誇る「Samuel Gawith Commonwealth Mixture (サミュエル・ガーウィズ コモンウェルズ)」よりも強めのラタキア臭です。フレークは約 7 × 1.8cm にキレイにカットされ、15枚×3列にキッチリと詰まっています。特に小さいパイプ以外では、一回の喫煙で1.5〜2枚詰めるとちょうど良いかと。水分がやや多めで火点きは若干悪いですが気になる程ではないですね。火保ちは良好。

味については、パッケージの説明文そのまんまかもしれません。着火すると、序盤からラタキアがムンムン、オリエンタルチョビチョビ。ヴァージニアの味もしますけど脇役に徹していますね。開封時の香りではコモンウェルズよりもラタキアがキツいのかと思いましたが、喫ってみるとそこまでではないです。

中盤になると説明文通りにオリエンタルが立ち上がってきます。ラタキアが主役である事は変わりませんが、オリエンタルが効いてくる事で、いわゆるバルカンブレンド的な味わいに。個人的には、ここが一番美味しいところだと思いました。

終盤はオリエンタルを残したままラタキアのスモーキーさがアップしてかなりコクが出てきます。ヴァージニアについては中盤以降も脇役に徹していて、あまり主張してきません。

特に個性やインパクトは無く、手堅くまとめた感じなので淡々とした紹介になってしまいますが、旨いですよコレ。ラタキアの入ったフレークでは比較的安いし、近いうちにリピートしそう。ラタキア/オリエンタル好きにはお薦めデス!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。