J. F. Germain & Son Brown Flake (ジャーマイン ブラウンフレーク)

アーシーで不思議な旨さの不思議ちゃんブレンド。

J. F. Germain & Son Brown Flake (ジャーマイン ブラウンフレーク)
J. F. Germain & Son Brown Flake (ジャーマイン ブラウンフレーク)
(パッケージの説明文無し)

US$9.25/50g也。(税・送料別)

ケンタッキーとヴァージニアという、当ブログでははじめて紹介する葉組。「入手困難な Germain だし、買える時に買って体験しておくか」くらいの軽い気持ちで購入。

開封すると、わずかにヴァージニアの香りがしますが香りは弱め。小さい缶にびっしりとフレークが詰まっています。かなり圧力がかかってフレークがくっついているので、フレークをはがしてそのまま詰めるというよりは、指でこそげ取って自然にほぐれたフレークを詰める感じになります。Samuel Gawith のフレークのように過剰に湿ってはいないので何も考えずに詰めてイージーに喫煙できます。火点き火保ちも非常に良好。

肝心のお味はというと…シンプルで特に複雑な味わいはありません。しかし、最初の一服で「何これ美味しい!」と思わずつぶやいてしまいました。う〜ん、なんて表現したら良いんだろう。香りとか全然違うけどシガー(葉巻)的な旨さを感じました。シガーの味の表現でよく出てくる「アーシー」(土臭い)ってやつかと。

中盤以降も味の傾向は変わりませんが、アーシーさがさらに増してきて旨さがまた一段とアップします。

ケンタッキーの芯をヴァージニアでコーティングした味の二層構造というか、とにかく味のバランスとそれぞれの葉っぱの仕事っぷりが絶妙ですね。コーティングのヴァージニアが甘さ担当で、芯のケンタッキーが香ばしさ、アーシーさ担当でしょうか。そういう意味ではポッキーに似てますね。

今まで当ブログで紹介したブレンドでは、甘さと香ばしさが味のキーワードになりそうな「Samuel Gawith Best Brown Flake (サミュエル・ガーウィズ ベストブラウンフレーク)」(BBF)に方向性は近い? BBF をベースにリファインして、結果として格上の旨さを作り出している感じ。総合的にはこっちの方が全然旨いと思います。

前述の通り、複雑な味わいはありません。ただ、バランスが絶妙すぎて繊細さは感じられます。どんなパイプで喫っても旨いですが、味の立ち上がりを強めに演出するパイプを使ったときの旨さは何物にも代え難いものがあります。

ここのところ、オリエンタル系かペリク系ばかりを旨い旨いとありがたがっていましたが、こういう方向性の旨さもあるんですね。煙草はまだまだ奥が深いです。視野を狭めずに今後も色々チャレンジしようと思わされるブレンドでした。なかなか買えないので、売ってるの見かけたら即キープ決定です! ちょっと不思議な味を求めているパイプスモーカーにはマジでオススメ!!


One thought on “J. F. Germain & Son Brown Flake (ジャーマイン ブラウンフレーク)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。