Samuel Gawith Grousemoor (サミュエル・ガーウィズ グラウスムーア)

うわぁぁぁ! 確認しないで買ったらド着香だぁぁぁぁ!!

Samuel Gawith Grousemoor (サミュエル・ガーウィズ グラウスムーア)
Samuel Gawith Grousemoor (サミュエル・ガーウィズ グラウスムーア)
サミュエル・ガーウィズで一番歴史の古いブレンド。爽やかな ヴァージニアに甘味成分が加えられて、しかもベッタリ感がなく上品。ルームノートも爽やか。重さを感じさせず、朝から紅茶をストレートで飲みながらでも楽しめるタイプ。マイルド。
(柘製作所のカタログより抜粋)

US$9.999/50g也。(税・送料別)

4noggins.com でなんとなく SG のブレンドを色々買った時に、どんなブレンドなのかを全く確認しないで買ってしまいました。しばらくストックしておいた後「今度はこれ開けてみるか」と思いパッケージをよく見たら「Aromatic Tobacco だ、と…」となり、その時点ではじめて着香である事に気付いたブレンド。

「G. L. Pease Original Mixtures: Haddo’s Delight (G.L.ピース ホッドス・ディラィト)」で、どうも強い着香を受け付けなくなっている事に気付いてから約一年を経て出会った強烈な着香…ぶっちゃけキツいです。ホッドス・ディラィトのようなフルーツ系の着香とは異なりレモングラスの香りですが、やっぱりキツいです。

ベースになっているヴァージニアは結構旨そうだし、着香が好きな方ならば楽しめると思います。タバコを喫わない方へのウケも比較的良い香りでしょう。だけど私はダメですねこれ。50g だし、なんとか最後まで開けられるかと最初は思っていたのですが、無理して何ボウルか喫っているうちに、それも怪しくなってきました。

なお、パイプにシッカリと香りが残っちゃうレベルの着香なので、試される方はそこは気をつけて下さいね。

というワケで、全くレビューになってなくて恐縮なのですが、この過ちを二度と繰り返さないための備忘録的に、あえてアップさせていただきました…ゴメンナサイ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。