McClelland Frog Morton on the Town (マクレーランド フロッグモートン オン ザ タウン)

爽やか系の都会派フロッグモートン。

McClelland Frog Morton on the Town (マクレーランド フロッグモートン オン ザ タウン)
McClelland Frog Morton on the Town (マクレーランド フロッグモートン オン ザ タウン)
フロッグ・モートンは、夜のオペラ鑑賞のために、Basma(オリエンタル葉の一種)の香りと、スムースでリッチなラタキアから、この際立って芳醇なブレンドを編み出しました。
(パッケージの説明文をさぼ亭主人が翻訳)

US$ 15.29/100g也。(税・送料別)

フロッグモートンシリーズとしては、オリジナルに続く第2弾としてリリースされたブレンドのようです。

端的に表現すると、シリーズの中でもオリエンタル強め。でもオリエンタルの量は、フロッグモートンシリーズのバルカンブレンド「McClelland Frog Morton on the Bayou (マクレーランド フロッグモートン オンザバイユー)」よりは少ない…といったところでしょうか。

着火するとオリエンタルの香りが最初から際立っています。ただ、普通のオリエンタルに比べて若干甘みが強く、ナッツのような味がします。これが”Basma”なのかな? このオリエンタルの甘みと共振するように、ヴァージニアの爽やかな甘さも序盤から結構感じられます。ストレートにコッテリ甘いブレンドが多いフロッグモートンシリーズの中では「爽やか系」という立ち位置かと。もちろんラタキアもしっかり効いているのですが、このブレンドにおいては、ラタキアの甘さが強烈に主張する事は無く、あくまでもベース、裏方といった雰囲気ですね。

上述のオンザバイユーは「バルカンブレンド」と謳っているだけにかなりスパイシーなオリエンタルなのに対して、こちらはマイルドで甘いオリエンタルという事で、味としては明確に差別化できているのではないでしょうか。

私が今までに喫ったフロッグモートンシリーズは、途中での味の変化は少ないブレンドばかりですが、このブレンドも同様で、途中での大きな味の変化はありません。ただ、シリーズでは異色とも言える爽やか系のインパクトと繊細さを兼ね備えているので、途中で飽きる事無く、最後まで楽しめるかと。

「on the Town」というだけあって、シリーズの中でも洗練された都会的?な味わいを持ちますが、そこが逆に好き嫌いが分かれるかもしれません。個人的には、フロッグモートンシリーズは「どんくさい旨さ」を追求してほしいので、こちらは特にオススメという程ではないですね。ただ、この爽やかさが独特ではあるので、ハマる人はハマるような気はします。

ちなみに、今まで喫ったフロッグモートンシリーズを好きな順に並べると…

  1. McClelland Frog Morton across the Pond(マクレーランド フロッグモートン アクロス ザ ポンド)→シリア産ラタキア多め
  2. McClelland FROG MORTON(マクレーランド フロッグモートン)→オリジナル
  3. McClelland Frog Morton on the Bayou (マクレーランド フロッグモートン オンザバイユー)→バルカンブレンド
  4. McClelland Frog Morton on the Town (マクレーランド フロッグモートン オン ザ タウン)→都会派爽やか系

かなぁ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。