Samuel Gawith Best Brown Flake (サミュエル・ガーウィズ ベストブラウンフレーク)

香ばしい甘さがたまらなく旨いのだが…。

Samuel Gawith Best Brown Flake (サミュエル・ガーウィズ ベストブラウンフレーク)
Samuel Gawith Best Brown Flake (サミュエル・ガーウィズ ベストブラウンフレーク)
ヘイタイプ。缶を開けたとき、新鮮な干し草の芳香。ヴァージニアの純粋な甘み。よく揉み込み、手巻きシガレットで喫煙しても充分。イギリスの一昔前のシガレットの味が忘れられない方に。朝から喫煙できる。まさしく「たばこブレンダーの芸術」キャラクターはマイルド〜フル。
(柘製作所のカタログから抜粋)

US$9.99/50g也。(税・送料別)

ヴァージニアのみのブレンドを語る時に必ず出てくる定番ブレンド。Samuel Gawith のお約束で、開封時はかなり湿っているので、パイプに詰める前にしばらく乾かす方が良いかと。ある程度乾かしてから着火すれば火保ちは非常に良好で「ゆっくり、しっかり」燃えてくれます。

インパクトはないのですが、かなり旨いです。熟成されたヴァージニアの香ばしい甘さが非常に良い感じです。リコリスだと思いますが、ヴァージニアとはちょっと違った甘さがトッピングされていて、それが効果的に効いています。

ストレートな味、かつ味の変化が少ないので、あれこれと語りようが無いのがブログ執筆者泣かせのブレンドと言えるかもしれません(笑)。

上述の通りストレートかつ味の変化が少ない、さらに燃焼速度遅めで喫煙時間が長くなるので、途中で飽きてしまう可能性も否定できません。小さめのパイプで喫う方が良いかもしれませんね。

旨いブレンドです。旨いんですけど、英国的と言うか、あまりにも外連味が無さ過ぎるかなぁ…。葉組が違うので単純に比べられませんが、いわゆるヴァージニア系では「Rattray’s Marlin Flake(ラットレー マーリンフレーク)」の方が私は好きですね。

…と、かなり淡白なレビューになってしまいましたが、そういう淡白なブレンドという事でご理解いただければ(笑)。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。