Esoterica Tobacciana Dunbar (エソテリカ ダンバー)

エソテリカのヴァージニア+ペリク。旨くて当然!?

Esoterica Tobacciana Dunbar
Esoterica Tobacciana Dunbar
7種のプレミアム・ヴァージニアとルイジアナ・ペリクの融合。
(パッケージの説明分をさぼ亭主人が翻訳)

US$9.89/2oz也。(税・送料別)

開封時の香りにはペリク臭よりはヴァージニア臭が強く感じられるのですが、着火してみてビックリ、序盤からペリクがガンガンと来ます。いや〜これは旨い!

以前「Mac Baren HH ACADIAN PERIQUE(マックバレン HHアカディアンペリク)」を紹介した際にペリクについて調べてみましたが、

そのまま吸うには強すぎるので、ブレンドの材料として使われる。

ということで、比率としてはペリクはそれほど多く含まれていないのでしょう。しかし序盤に受ける味のインパクトという意味では、ペリク50%くらいと言った感じで効きまくってます。

中盤以降、ヴァージニアがやや前面に出てきて甘みが強くなってきますが「味が変わる」というほどではないです。序盤のインパクトと旨さがそのまま持続するので、このブレンドの場合は味があまり変わらないのは大歓迎ですけどね。

同じペリクと言っても、マックバレンの HHアカディアンペリクよりは、酸味が弱く、あっさり目で全体的に薄味ですね。そして、紙巻きのアメリカンスピリットの黒い箱 “PERIQUE RICH TASTE” に通じるものがあります。アメスピの黒箱は正真正銘の本家ペリクを使っているので、ダンバーの方が本家に近いという事でしょうか?

火点き、火保ちも良く、過燃焼にもなりにくいので、イージーに喫煙しても快適に味わえます。

味についてじっくり考えながら味わう理論派というよりは、ペリクの香りが口の中にフワーッと広がる感覚を楽しむ感覚派・右脳派のブレンドであり、エアフローの良いパイプでイージーに喫うのがこのブレンドの旨さを最も引き立てると思います。

いや〜これは大当たりです! 最初は様子見で 2oz 缶を買いましたが、開封後に 8oz の在庫があったタイミングで速攻買い足しました!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。